【最新版】広島のおすすめ結婚式場を大特集

もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島
広島の結婚式場特集 » 広島で素敵な結婚式を挙げるための知識 » 3つの挙式スタイル

3つの挙式スタイル

結婚式には、神前式・キリスト教式・人前式の3つの挙式スタイルがありますが、基本的に宗教などの制約がなければどれを選んでもかまいません。
自分が一番やりたいと思う方法をチョイスして、一生の思い出に残る結婚式にしましょう。
挙式スタイルごとに、どのような内容であるかを、それぞれご説明します。

神前式は日本古来の伝統的な挙式スタイル

神前式は、日本で明治時代から行われてきた、皇族の結婚式の正統派挙式スタイルで、戦後、徐々に国民にも広がりました。
凛とした雰囲気の中で厳かに進められる式はとても神秘的で、ウエディングドレスの人気が高まってからも、多くの人から支持されています。

本来は神社で行われるものですが、近頃ではホテルや結婚式場の中にも神殿を設けているところが増えたため、より手軽にできるようになりました。
また、式が終わったあとは、そのまま会場内を歩いて披露宴会場へと移動できるところも魅力の一つです。

おおよその式の流れは、次のようになります。

  1. 係員または巫女さんに案内され、新郎新婦→媒酌人夫妻→新郎新婦の両親→親族の順に神殿に入ります。
  2. 神主さんが入場し、新郎新婦と参列者の身を清めるお祓いをします。
  3. 神棚へのお辞儀→祝詞→三三九度→誓いの言葉→指輪の交換→玉串のお供え→親族杯の儀→神棚へのお辞儀という順番で式を進め、指示に従って退場します

みんなの憧れ・教会で挙げるキリスト教式

キリスト教式は、キリスト教の教義にのっとって行われる挙式スタイルです。
特にクリスチャンでなくても式が挙げられる場合が多いですが、教会によっては事前に勉強会に通わなくてはいけないところも。
ホテルや結婚式場内のチャペルを利用する場合は、ほとんど勉強会は必要ありません。
親族のみならず、友人・知人も式に参列してもらえることや、ステンドグラスの使われた美しい会場でバージンロードが歩けることから、多くのカップルに選ばれています。

おおよその式の流れは、次のようになります。

  1. 参列者入場。神父が開式を宣言して結婚式が始まります。
  2. 新郎が入場し、祭壇の前で新婦を待ちます。
  3. 新婦入場。父親に手を引かれ、バージンロードを歩きます。
  4. 讃美歌の斉唱→聖書の朗読→誓いの言葉→指輪の交換→神父による結婚成立の宣言→結婚証書に署名→神父による結婚成立の報告→新郎新婦の退場という形で式を進め、退場します。

会場によっては、式場を出たあとでフラワーシャワーやライスシャワーなどの演出が行われることもあります。

参列者に結婚を認めてもらう新しい挙式スタイル・人前式

人前式は、神前式やキリスト教式のように神様に愛を誓うのではなく、参列してくれた方々の前で結婚を宣言し、それを認めてもらう新しい挙式スタイルです。
ゲスト全員が「自分も参加者である」という意識を持ちやすく、一体感が生まれてとても温かい雰囲気に包まれます

基本的に、会場や式の進め方は自由なので、お料理にこだわったレストランを選んだり、二人の思い出の場所で式を挙げたりと、可能性は無限大。
また、ホテルや結婚式場のように多額の費用をかける必要がないので、新生活に必要なお金を残しておける点も大きな魅力です。

式の進め方にも決まりごとはありませんが、スタンダードなやり方としてはだいたい次のようになります。

  1. 列席者入場。結婚の証人として、受付で結婚証明書にサインをします。
  2. 新郎新婦が入場し、司会者が開式を宣言。
  3. 誓いの言葉→指輪の交換→結婚誓約書にサイン→結婚の成立の宣言→閉式の言葉
 
もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島