広島の結婚式場を間違いなく選ぶ!大成功させるためのポイント

広島で後悔しない
人気の式場特集
広島の結婚式場を間違いなく選ぶ!大成功させるためのポイント » 結婚式の基礎知識in広島 » 披露宴の決まりごと

披露宴の決まりごと

結婚式を控えているカップルに、披露宴の基本的な流れと、それぞれのプログラムの所要時間を解説します。こだわりの演出をバランスよく組み込んでスムーズな進行になるように、ぜひ参考になさってください。

披露宴の流れ

披露宴全体の所要時間は約2時間半が一般的です。基本的なプログラムの進行と、プログラムごとの所要時間は以下となります。

 
前半
ゲスト入場披露宴開始10分前
↓新郎新婦入場約5分
↓開宴あいさつ約5分
↓新郎新婦紹介約5分
↓主賓あいさつ約10分
↓乾杯約5分
↓ケーキ入刀約10分
食事スタート
↓ゲストのスピーチ約10分
↓新郎新婦お色直しの退場約30分
後半
↓新郎新婦再入場
キャンドルサービスなど
約10~20分
↓ゲストの余興など約20分
↓祝電の紹介約5分
↓親への手紙・花束贈呈約10分
↓新郎謝辞約5分
ゲスト退場・お見送り約30分

以上の流れで進行しますが、これはあくまでも一例です。最近では、カップルの企画でアレンジしたり、お色直しをせず家族やゲストとの時間を多くとる場合もあります。

式場のプランナーや親族とも相談して、新郎新婦もゲストも、みんなが楽しめる披露宴になりますように。

席次のルール

披露宴のゲストが決まったら、次は席次です。なかなか大変な作業ですが、基本的なマナーといくつかの注意点さえ気をつければ心配ありません。

上座と下座

新郎新婦に最も近い席が上座、遠い席が下座です。

上座から、「主賓→上司→先輩→同僚や友人→親族→家族→両親」という並びとなるのが一般的。

上座とは、その場所で一番心地よく過ごせる場所のことで、下座はその逆。お客様をお迎えする側になります。自分が座る場所によって目上の人やお客様におもてなしの気持ちを表しています。

しかし、これはあくまでも基本ルールです。近頃ではこうした席次にこだわらないケースも増えているので、悩んだときは先輩カップルに相談するのもいいかもしれません。

また、小さなお子様連れのゲストは、すぐに会場の外に出られる席を選んだり、お体の不自由なゲスト、高齢なゲストなどの場合は、式場のスタッフとも相談して、負担にならない席を手配してあげてください。

それでも、どうしても基本ルールで解決できないときは、ゲストの立場になって居心地の良い席はどこか考えてください。

広島でおすすめの結婚式場3選!
大成功させるためのポイントとは?