広島の結婚式場を間違いなく選ぶ!大成功させるためのポイント

広島で後悔しない
人気の式場特集
広島の結婚式場を間違いなく選ぶ!大成功させるためのポイント » 結婚式の基礎知識in広島 » 媒酌人・立会人

媒酌人・立会人

媒酌人とは?

媒酌人とは、結婚式の立会人のことを指します。

新郎新婦の結婚の誓いの証人になり、披露宴では新郎新婦を招待客に紹介するのが役目です。

仲人との違いは、婚約から結婚式までを取り仕切るのが仲人に対し、媒酌人は結婚式のみの立会人になるというところです。

具体的には、晩酌人は接待客をもてなす立場になり、以下を担当してもらう形となります。

数十年前までの結婚式では、晩酌人を立てるのが当たり前でしたから、親や親戚から要求されたという人もいるでしょう。しかし、最近の結婚式で晩酌人を立てるカップルは全体の1割程度と少数。これらは時代の流れと結婚観の変化から、必要が無いと感じている人が増えたからと推測できます。

とはいえ、結婚式の準備を進める上で、晩酌人というワードはしばしば耳にすることがあるため、いまいちど意味と必要・不要であるのかを理解し、覚えておきましょうね。

媒酌人は必ず必要なのか

かつてはお見合い結婚が一般的であり、また結婚は両家にとっての大きな行事であったため、晩酌人が必要とされていました。晩酌人との付き合いは式のあとも続き、夫婦でお歳暮やお中元を持参し、挨拶に行くことは当たり前の時代でした。

現在においても、地域によっては媒酌人が必要になるところはあります。家ごとにしきたりの違いもありますから、いらないという判断は夫婦間のみで決め付けずに、家族に相談するなり、臨機応変に対応するのが良いでしょう。

もしも、依頼をおこなう場合には、末永くお付き合いのできる方が良いと考えられます。

社会的な地位方か高く、人望の厚い人が一般的。夫婦の両者を知る人が理想的ですが、どちらかの会社の上司や恩師などでも問題はありません。面識の無い方であれば、早めに顔合わせを行っておいたほうが良いでしょう。

依頼は、必ず結婚式の3ヶ月前までに済ませ、式後にはきちんとお礼やお車代を渡してください。

結婚式の間だけとはいえ、家族のように接待客をもてなしていただくのですから、お礼はしっかりと、失礼の無いようにしましょう。

広島でおすすめの結婚式場3選!
大成功させるためのポイントとは?