【最新版】広島のおすすめ結婚式場を大特集

もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島
広島の結婚式場特集 » 広島で素敵な結婚式を挙げるための知識 » おめでた婚の場合の段取り

おめでた婚の場合の段取り

出産を控えていながら授かり婚・おめでた婚は、準備が大変そうなイメージがあります。
ここでは、おめでた婚をするのに最適な時期と、妊娠発覚から結婚式当日までのスケジュールを公開します。

おめでた婚をする最適な時期

おめでた婚をする場合、妊娠初期・中期・後期のいずれかの時期に式を挙げますが、それぞれにメリットがあります。

  • 妊娠初期(妊娠3ヶ月目)
    この時期だと、まだお腹が目立たないので、ドレスをたくさんのデザインの中から選ぶことが可能です。
    ただし、妊娠が発覚したときにはおそらく準備期間は1ヶ月程しかないのと、つわりや肌トラブルなどの、体調が安定しないのがデメリットです。
  • 妊娠中期(妊娠5ヶ月目)
    比較的つわりが治まり体調が安定している時期です。
    準備期間も余裕があり、お腹もそれほど目立たないので、ドレスの選択肢もあります。1番オススメできるタイミングです。
  • 妊娠後期(妊娠7ヶ月)
    体調は安定していますが、お腹が大きく張っている時期です。
    お腹を目立たせなくするというよりは、逆にお腹を強調したドレスを着用するのも1つの方法です。
    準備期間がたくさんあるので、余裕を持って準備できます。

おめでた婚のスケジュール

妊娠発覚後、まずはお互いの両親にしっかりと報告することが大事です。
何ヶ月も報告しないでいると、今後の家族関係にも影響してしまいます。

式場の申し込みまでに済ませておきたいことは主に、働いている方は退職届を会社に提出、披露宴の出席名簿の作成・案内状の発送、結納関係など。
この時に余裕があったら、新居探しや引越しの準備もしておくと後々楽になります。

式場申し込み後の手順は、従来の結婚式とほぼ一緒ですが、ウェディングドレスは自分の身体に負担のかからない、多少ゆとりのあるタイプのドレスがいいでしょう。
披露宴当日は、あまり深く考えずにリラックスすることが大事です。

体調が悪くなってしまったら素直に会場の人に頼んで、控え室で休ませてもらうようにしましょう。
妊娠中だと体調も優れないので、パートナーに手伝ってもらうことも重要です。

また結婚式の準備を急いでやらないと間に合わないと思うかもしれませんが、実は挙式予定日の3ヶ月前までに申し込めれば十分に余裕があります。また、最近ではおめでた婚専用のプランや、妊婦のサポートも充実している式場もあるので、チェックしておきましょう。

 
もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島