【最新版】広島のおすすめ結婚式場を大特集

もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島
広島の結婚式場特集 » 広島で素敵な結婚式を挙げるための知識 » ゲストのおもてなしのコツ

ゲストのおもてなしのコツ

結婚式を良いものにするためには、ゲストへのおもてなしを忘れないことが大切です。
失礼のないようにすることはもちろん、お祝いに駆けつけてよかった、と心から思っていただけるよう、細かな気配りで感謝の気持ちを表しましょう。
どのような点に気をつけておもてなしをすれば良いのか、コツをご説明します。

結婚式では演出よりもお料理でゲストをおもてなしする

結婚式で一番重要なのは、おもてなしの心です。
つまり、演出よりもお料理にまず気を配ることが、大切なのです。

なぜなら、当日集まるゲストは、それぞれ忙しい中なんとか時間をやりくりしてお祝いに駆けつけてくれているから。
本来、結婚式は、自分たちを祝福するために、集まって下さったゲストに対して、感謝の気持ちを伝えるためのもの。
美味しいお料理と、おもてなしの心で、ゲストに感謝を伝えましょう。

そのため、料理を選ぶときは、どのゲストにも満足していただけるよう、細かいリサーチをする必要があります。
たとえば、メインの肉料理は、歯が弱くて食べられないお年寄りの方や、小さなお子様には食べづらいときがあるし、アレルギー体質の方や、ベジタリアンの方もいらっしゃるので、ここはしっかりと調べましょう。

そうした一人一人の事情に配慮したおもてなしを提供できれば、ゲストは「自分のために、ここまで気を使ってくれた」と感激し、心からくつろいで食事を楽しむことができます。

感謝の気持ちをメッセージカードに込める

ゲストに座っていただくテーブルには、心を込めて書いたメッセージカードを添えると喜ばれます
結婚式に参加するというのは、新郎新婦が考えるよりも大変なこと。
ご祝儀を用意したり、当日のスケジュールの段取りをつけたりといったことから、ドレスや着物の準備や美容室の予約、遠方から出席するなら乗り物の手配やホテルの予約など、やらなくてはいけないことがたくさんあるのです。

ですから、当日席に座っていただいたとき、まず一番にしなくてはいけないのは、感謝の気持ちを表すこと。
とはいえ、まだ式が始まっていないのに新郎新婦が直接各テーブルを回って挨拶をするのは難しいので、せめてもの代わりに、手書きで心を込めたメッセージカードを置いておくのです。

大変な思いをしてやっと席につくことのできたゲストは、そのおもてなしにほっと息をつくことができます。
そして、これから始まる結婚式では、新郎新婦に対して心から祝福してあげようという気持ちがわいてくるのです。
また、お子様には、今流行っているキャラクターを使った紙で書いたり、おもちゃを添えてあげたりすると喜ばれるでしょう。

会場までのアクセスは便利なほうが良い

結婚式に気持ち良く参加していただくためには、できるだけ足を運びやすい会場を選ぶことも大切です。
特に、足腰の弱くなったお年寄りの方や、子供を連れて参加してくれるゲストには最大限の配慮をしましょう。
具体的には、次のような点がポイントです。

  • 駅や駐車場に停めた車からの距離が短い
  • 道が分かりやすいところにある
  • 会場のすぐ近くに、時間をつぶせるようなお店がある

遠方から結婚式に出席するゲストは、会場周辺の地理に詳しくありません。
場所が分かりやすいことはもちろん、事前に会場までの行き方を詳しく書いた地図を送り、必要であれば口頭でも説明しておいたほうが良いでしょう
また、結婚式が始まるまでの時間をつぶしたり、終わったあと、ついでに観光を楽しんだりしていただけるような場所が周辺にあれば、そのことについても説明を加えておくと喜ばれます。
そして、できるだけ費用の面でも負担をかけないよう、タクシーチケットやバスの手配をしておくことも大切です。

 
もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島