【最新版】広島のおすすめ結婚式場を大特集

もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島
広島の結婚式場特集 » 広島で素敵な結婚式を挙げるための知識 » 挙式当日までの流れ

挙式当日までの流れ

いざ、結婚式を挙げることにはしたけれど、何をすればいいの?どういう流れで進んでいくの?
そんな疑問を解決するための情報をまとめました。

挙式当日までの流れ

  • 挙式日から1年~8ヶ月前
    結婚式をどういう感じにしたいか、具体的にイメージしておくと今後の予算も組みやすいです。
    当日までまだ余裕はありますが、この時までにはお互いの親に挨拶を済ましておくと、後々バタバタしないで済みます。
  • 挙式日から8~6ヶ月前
    結納がある場合は結納品、指輪などの結婚記念品も用意しておきます。
    結婚式の段取りも踏まえながら、両家顔合わせのお食事会もしておきましょう。
    この期間からブライダルフェアや試食会に参加していき、式場を探します。
    結婚式場が決まりましたら、この段階で内金をいくらか式場に入金します。
  • 挙式日から7~2ヶ月前
    招待するゲストをリストアップし、招待状を送ります。
    新郎新婦のタキシード・ウェディングドレスもこの時期に決めます。
    ウェディングプランナーと一緒に、必要なアイテムやBGM、料理や席次などを決めます。
  • 挙式日から1ヶ月前~前日まで
    ゲストの人数に合わせて、アイテムや料理の数を確定します。
    司会者・プランナー・新郎新婦で必ず当日の進行を確認しておきましょう。

このくらい余裕を持って行動できるのが一番良いのですが、仕事や家事をしながらだと、打ち合わせの予定が上手く合わないときもあります。
プランナーと直接会わなくても解決できそうな問題の時は、電話やメールなどで確認すると時間の有効活用に繋がります。
他には新婚旅行や新居なども探さないといけません。
決め事がたくさんあり、マリッジブルーになりがちですが、せっかくお祝い事を決めているのですから、できるだけ前向きにとらえていきましょう。

 
もっと幸せになれる結婚式場セレクションin広島