広島の結婚式場を間違いなく選ぶ!大成功させるためのポイント

広島で後悔しない
人気の式場特集
広島の結婚式場を間違いなく選ぶ!大成功させるためのポイント » 【広島版】婚約してから » 広島の結納の決まり

広島の結納の決まり

結納について知りたい人に、結納の意味やしきたりのあれこれから、具体的な結納の流れなどについて、わかりやすくご紹介しています。

結納とは

結納は、正式な婚約の成立を確約するという意味で、金品などを取り交わす儀式です。(※関東では取り交わす、関西では納める)結納の起源は、4~5世ころ仁徳天皇の時代に天皇の皇太子が妃を迎えるときに贈り物をしたのが最初とされています。その後、室町時代になって公家や武家の間に広まり、庶民の間に広まったのはずっと後の江戸時代や明治時代だとされています。

現在、もっとも正式な形をとどめるのは宮中儀礼の「納采の儀」として皇室に受け継がれているものと言われ、民間で行われている結納は簡略化されているものの地域や宗教などの違いにより多様な手順や方法があるようです。

最近では、結納を行わず顔合わせのみを行うケースもある一方で、結納を行うことがあたりまえと考える家もまだ多くあります。そのため、家の伝統や地域性を考慮しつつ新郎新婦で相談して、結納をするかしないか判断したほうがよいでしょう。

結納の日程決め

最初に、結納の場所を決めましょう。両家が同じ県内や近隣の県などにある場合は問題はありませんが、離れている場合は両家の利便性や宿泊なども考慮して決めなければなりません。

昔ながらの習慣では、結納はもともと女性の自宅を訪問して行っていましたから、それを重んじるなら女性側の家に近い場所になります。しかし、最近では両家の真ん中あたりで便利な場所になることもあるようです。

場所が決まったら、いよいよ日程です。結納の日にふさわしいとされるお日柄は、大安、友引、先勝。お祝い事なので、お日柄を気にするという親世代は意外にも多いもの。しかし、実際に日程を決めようとすると全員が集まりやすい土日や休日が必ずお日柄の良い日になるとは限りません。そのため最近では、お日柄もあまり優先せず決める人も増えてはいますが、そんなときでも、必ず事前に両家の間で話し合って決めるようにしましょう。

日程が決まったら、次は時間。昔から、祝い事は午前中が良いと言われているため結納は午前中に行うことがほとんどです。しかし、最近では結納を行う場所も、女性の家ばかりでなく、ホテルや専門の式場、レストランや料亭などさまざま。会場になる場所によっても時間の制約がありますので、こちらは両家で話し合って柔軟に決めるのがよいでしょう。

新婦側で準備するもの

新郎側で準備するもの

結納品について

結納品は、現在は水引細工を施したものですが昔は現物を持参していました。基本5品にはこんな意味があります。

広島の基本5品

広島では熨斗・寿栄広・御帯・松魚・家内喜多留が基本の5品です。予算に応じてですが、増やす場合は七、九など、ご縁が割れないように奇数で増やします。この場合は高砂人形や、友白髪、昆布、寿留女、八木、宝船などの縁起の良い品を添えます。

結納の流れ

広島県には、根きりという習慣があります。決め酒、かためなどと言われることもあり、結納を収める前に行われ、このときに両家の間で結納の日程が決めらます。

結納の一般的な流れは、
両家集合→始まりの挨拶→結納の品を納める→目録を確認する→受書を渡す→受書を確認する→結びの挨拶
といったもので、15~20分といったところでしょうか。

その後は、結い納品を前に記念撮影をしたりリラックスして歓談タイム、食事といった流れになります。

これでマスター!おみやげ結納について

広島県独自の習慣としておみやげ結納というのがあります。これは男性側から女性側へ結納が贈られたのに対し、女性側が男性側へのおみやげ(お返し)として結納の形を取ったもので、おみやげ結納と言います。

広島で間違いのない人気の結婚式場 バナー